解析Vantablack,号称世界上最黑的涂料!!


Vantablack是何方神圣?

弊社は内面反射防止用途の光吸収シートの開発、販売をしている企業ですが、このような素材を販売していると避けて通れないのが、競合他社の表面処理「Vantablack」!

光阳公司一只致力于不断研发抑制内面乱反射的各种吸光材料,在光学行业中不可避免的会撞上「Vantablack」这个强有力的竞争对手。


 

イギリスのサリーナノシステムズという企業が開発した表面処理で、なんといっても特筆点はその黒さ!世界で最も黒い人工物として認定されておりまして、まさに黒のシンボル的存在。当然内面反射処理としても王者として比較対象になります。先日のフランクフルトショーでのBMWの展示、「Vantablackによる世界一黒い車」も話題になりましたね。

 

でも意外とその実態は知られていないんです。Vantablackに関するコメントなどを見ても、数々の誤解があるようにも見受けられます。世界最高の黒ですから、大変有用な素材です。しかもこんなに有名なのに、実物を見たことがある方はほとんどいません。それはなぜでしょう?

 

という訳で今回のブログでは、主にメーカーカタログの内容を通してVantablackの紹介を行い、製品や光吸収素材にまつわる誤解とともに解説していきたいと思います。

 

本ブログで使用しているVantablackのカタログは、Surreynanosystems社ホームページの上部にあるDownloadsをクリックすれば入手できます。

Ventablackの全反射率はいくつ?

Vantablackといえばこのキャッチフレーズ、「可視光の最大99.965%を吸収!」です。言い換えて、「99.965%の光吸収率を誇る」とも紹介されています。おお、わからない人でもすごそうな気がします。はて、光吸収率とは?

 

対象物にあたった光は、反射するもの、対象物に吸収されるもの、透過するものの3つに別れます。このうち反射光の強度や透過光の強度は計測できますので、反射率、透過率は一般的な指標です。だから私にとっても光吸収率というのは、正直あまり馴染みのない言葉でした。

 

ちょっと脱線しますが、「全反射率」についても言及させて下さい。反射した光がどのような角度で飛んでいくかは表面の凹凸や性質により異なります。あちこちに飛んだ反射光を再び一点に集め、全ての反射光の合計として計測した数値を「全半球反射率」とか「全反射率」と呼びます。概略は下図の通り。可視光域の全反射率は、そのまま黒さの指標となる数字と言っていいでしょう。